施工事例

大阪府八尾市弓削町T様邸ー屋上防水工事(通気緩衝工法遮熱仕様)

もともとシート防水です。 シート自体はしっかりしていますが、シートとシートの継ぎ目が密着しておらず、 雨がシートの裏に廻りシートの下は濡れている状態でした。 この状態で密着工法の防水をすると、昼間太陽に熱せられることにより、湿気や空気が膨張し膨れが起こります。 その為、密着工法で施工する場合、シートを全てメクリ、しっかりと下地を乾燥させてからの施工になりますが、 防水を撤去しているので、雨が降ったら雨漏りが・・・・・・・・ それに比べ、通気緩衝工法だと膨張した空気が脱気棟から出ていくので、メクって乾燥させなくても良い。 との理由から通気緩衝工法をお勧めしました。

【施工中】
【AFTER】
Return Top