blog

八尾市本町でカラーベスト屋根塗装前のケレン作業

今日はカラーベスト屋根塗装前にケレン作業をしました。

いつもは高圧洗浄前にケレン作業はすることはないのですが、

この現場の屋根の場合、既存の塗膜の密着が悪くメクレかかかっている個所が多く点在していました。

その上、板と板の重なり部分が塗膜で埋まってしまっていたので、縁切りの作業も兼ねてケレン作業をしました。

カラーベスト屋根の重なり部分が塗料で埋まっていると雨漏りする?

カラーベストの板と板との重なり部分が塗料で埋まっていると、湿気が抜けなくなりカビの発生や、

下地に使われている木が腐食することもあります。

勾配の緩い屋根の場合は、雨漏りすることもあります。

これは水の特性である毛細管現象による水の侵入と、入った水が出るべき重なり部分が塗料で埋まっていて、

出口が無くなっている事によるものです。

最近ではタスペーサーという縁切り専用の部材があるので、オプションで付けるのが確実で安心です。

どんな形であれキッチリ縁切り作業はしてもらいましょう。

 

ケレンによる脆弱塗膜の撤去

八尾市本町の屋根

今日のケレン作業です。

この後高圧洗浄をするのですが、ある程度この段階で取っておかないと、周りに塗膜が飛び散ったり、

雨樋が詰まる懸念があったので、先行して手作業による脆弱塗膜の撤去をしました。

八尾市本町の屋根

ケレン作業をしていて築いた事ですが、おそらく前回の塗装の時に高圧洗浄をしていないか、

水をかけただけのような適当な洗浄しかしていないと思われます。

これは旧塗膜を撤去した際、その塗膜の下に汚れや、埃がかなりの確率で残っていました。

しかも下地の状態から、プライマーも塗布されていないような・・・・・・・

Return Top
お問い合わせはこちらから
お問い合わせはこちらから