防水

屋上防水工事の下地調整-八尾市東山本町でウレタン防水サラセーヌQV工法

前回割れていたタイルを張り替えた上に防水を施すのですが、タイルの下に湿気が残っているし、このユニット防水工法というのが今後どのような動きがあるのか分からないので、湿気による防水層の膨れが起こらないように、湿気を逃がす通気工法。

この既存の防水工法の動きによるダメージを少しでも和らげる為に、緩衝工法。

この二つを兼ねそろえた通期緩衝工法(サラセーヌQV工法)で施工しました。

 

まずはケレン

全体的にサンダーでケレン

飛び出たタイルは削って凹凸を無くします。

 

 

そして水洗い

削った粉や汚れを洗い流します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

屋上防水カチオン下地調整屋上防水通気緩衝工法ポリマーセメント系塗膜防水
 

 

 

 

Return Top
お問い合わせはこちらから
お問い合わせはこちらから